• 2018.1.26

審美歯科を知らない人は損!きれいな口元へ!

歯科矯正している歯

いくら外見が良い人でも、口を開けた時に歯並びがガタガタであるなど口元にきれいさが無い場合は、他人からの印象は残念なものになってしまい、損だと言えます。
そこで、口元のきれいさを実現したい人におすすめなのが、審美歯科で治療を受けることになります。

審美歯科では美容を目的として歯並びをきれいにしたい人に向けて、それぞれの人の歯の状態にあった治療法を提案するのが特徴です。
その治療法としてよく使われるのはセラミッククラウンという方法で、歯並びや歯の形が悪い部分の歯を削ってセラミック(陶材)で出来た被せ物を被せることにより、歯の形や歯並びをきれいに整えます。
セラミッククラウンは自然な歯に近い色と質感を備えているので、人から見ても自然で美しい口元が出来上がりますし、この方法なら矯正治療のように長い治療期間がかからない点もメリットと言えます。

審美歯科に行けば、保険診療で入れた銀色の詰め物や被せ物を白くて自然なセラミックの詰め物や被せ物に変えてもらうことも可能です。
金属製の詰め物や被せ物は美容の面で見た目が良くない他にも、金属アレルギーが心配というデメリットもあります。
審美歯科でセラミックインレーやセラミッククラウンへ変える治療を受けるのがおすすめです。

特に人前に多く出る機会のある女性にはこの治療を受けてもらいたいものです。
東京や大阪、福岡など大都会になればなるほど人と接する機会が多く、口元の審美性が問われます。
恥ずかしい経験をしないためにも、例えば大阪在住の方は守口で歯科治療をすると良いでしょう。
首都圏から近い審美歯科がおすすめです。

審美歯科で受けられる口元をきれいにするための治療法には、ホワイトニングという歯の色を白くするための施術もあります。
歯が黄ばんでいることを治したい人たちによく使われているため、自分の歯の色が気になっている人は利用すると良いでしょう。
ホワイトニングは歯を削ることなく色だけを白くする点が特徴になっており、安全に受けられる方法であることが魅力です。

歯の色をきれいにするための方法としては、歯の表面に汚れがたくさんついている場合は歯のクリーニングをすることでも歯が白くなることがあります。
しかし、歯のクリーニングは歯垢や歯石を除去して虫歯や歯周病を予防する目的で行われる施術となっております。
歯が変色している場合などにはクリーニングでは歯を白く出来ないことがあるので、審美歯科で相談し、自分の歯をきれいにするための最適な方法を提案してもらうのが良いでしょう。

審美歯科でホワイトニングをしたい時には、院内で施術を受けるオフィスホワイトニングと自宅で専用の器具を使って自分で施術を行うホームホワイトニングという2つの方法から選べます。
オフィスホワイトニングは一度の施術で効果が実感出来るというメリットがあります。
ホームホワイトニングには自分のペースで歯を白くしていけるという利点があるため、好みの方法を選ぶか、両方を併用して歯のきれいさを保つと良いでしょう。
口元がきれいだと他人から好かれることも増えるので、是非、審美歯科できれいな口元を手に入れるための治療法について相談してください。

関連記事
ページ上部へ戻る