• 2017.12.8

ワイヤー矯正はもう古い?最新の矯正はインビザライン

歯磨きする女性

歯科矯正で美しく整った歯並びを手に入れたいと考えていても、矯正治療中は金属のパーツが気になるという方は少なくありません。
金属ワイヤーを使った方法では歯磨きがしにくいと言うのもデメリットでしょう。
今では金属のパーツを付ける従来の方法ではなく、インビザラインと言うクリアアライナーを使った矯正法が登場しており、こう言ったデメリットが解消されています。

インビザラインは矯正器具を歯に固定する従来の方法とは違い、クリアアライナーと呼ばれる透明なマウスピースを使うのが特徴です。
このマウスピースは歯科医で作成してくれるもので、取り外しが可能なためにメリットが多数あります。
取り外して洗えるので衛生的ですし、歯磨きも行いやすいです。
もちろん食事の時にも外して大丈夫ですから、自然な形で食べ物を噛み、味わいを楽しむことが出来ます。
金属ワイヤーでは食べ物がこびりついたりして制約がありますが、このストレスが無いのは大きな魅力でしょう。

インビザラインは一日中付けている必要はありません。
職場などで外見が気になる場合には、外しておいても大丈夫な時間を歯科医師に確認すると良いでしょう。
素材はクリアーで判りにくいので、付けたままでも気づかれないかも知れません。

このような透明で目立ちにくいと言うメリットに加えて、負担が少ない歯列矯正が行えるのも優れた点です。
滑らかなマウスピースですから、擦れた時の違和感や痛みがありませんし、会話もしやすいです。
無理に歯を動かすこともありませんので、矯正による痛みも軽減されています。

歯列矯正の正確さもインビザラインの長所で、これは他のタイプのマウスピース治療を上回ります。
しっかりとデータを集めてクリアアライナーを作成するために、精度の高い正確な歯列矯正を実現できるわけです。
他のマウスピース治療と異なり、何度も型取りをする負担がないのも、インビザラインが選ばれる理由となります。

インビザラインは適用範囲が広いのも特徴で、多くの方が利用しやすい治療方法です。
金属を使わないので金属アレルギーの方でも歯列矯正を考えられますし、滑らかな形状なのでスポーツをする時も安心できます。
通院回数も少なくて済みますから、忙しい方でも歯列矯正を考えやすいでしょう。

このように外見も自然で、負担も少ない効果的な歯列矯正の手段として、インビザラインは米国では定番となっています。
日本でも魅力が認められて人気が高まっているので、歯列矯正を希望の場合には、考えてみたい治療方法と言えるでしょう。

関連記事
ページ上部へ戻る